FPSのアタッカーの役割とは

FPSをアタッカーとしてプレイするとき一番重要となるのは射撃の正確性ではなく敵の位置を読む力、つまり決め打ちができるかどうかです。よく、キル数が稼げるからといって前線から大きく突出して行く人がいますが、これではアタッカーの役割を果たせていません。確かに敵との遭遇率が上がるためキル数が稼げるのは確かですが、デス数が上がってしまう危険性があります。やはり、一番チームの貢献にもなる立ち回りとしてはFPSのマップにもよりますが前線を保ちつつ後方支援のバックアップを得られる位置で戦うことです。そうすることで、有利に戦うことができますし何よりチームの他の人にも敵の位置が予想しやすくなります。結果としてアタッカーの人が決め打ちを成功させる確率もあがるのです。また、アタッカーの立ち回りの一つとして敵の前線の裏や側面をつくというものがあります。しかしこれはパーティを組むなどして連携が取れた状態なら囮を立てることによって有効に行うことができますが、連携の取れていない状態でリスポーン地が変わるようなゲーム性のFPSだと前線が無くなりチーム一人ひとりが孤立する状態を招いてしまうこともあります。このようなことからアタッカーの役割としてはマップの状況を把握し有利に戦える前線を維持することといえます。