FPSでのスナイパーの立ち回り

多くのFPSにおいてスナイパーライフルが実装されており、遠くの敵を狙いやすく、また威力も高めに設定されていることがおおいです。しかし、シングルプレイ名ならわかりますが、対人のFPSにおいて後ろの定位置でスナイパーライフルを構え続けるのは薦められないことが多いです。というのも、それでは他の味方と戦っている敵兵のうち、見えたのだけを撃つことになるためです。また、そのような戦い方では敵のスナイパーに狙撃されやすくなってしまいます。もちろん、そのような状態ではチームでの勝ちには貢献しづらくなりますし、他の味方から反感を受けることに繋がります。映画や漫画のように相手に気づかれずに敵兵を撃ち抜いていきたいところですが、FPSにおいては前に出て行くのが正解であることがほとんどです。長距離の有効射程を活用することにより敵の数を先手を打って減らしてください。そして、戦闘における数の利を作り出して敵からの攻撃が来る方向を減らしていくことになります。ただし、スナイパーライフルは近距離戦闘には使いにくいことから、敵に近づかれたときにはピストルのような弱いサブの武器での自衛が求められます。スナイパーは上級者向けの兵科ではあるものFPSにおいて使いこなせば最強であるという人も多いです。